心理恋愛の心理映画の心理

NEVER ENOUGH 決して満たされないの ーグレイテスト・ショーマンの心理②

こんにちは。
神奈川の心理セラピストのヤコーヒロコです。

リトリーブサイコセラピー®︎という心理セラピーで心のお悩み解決・自分の人生を生きるお手伝いをしています。

都内の桜はすっかり散ってしまいましたね。
先日お花見をしたのですが、今年は急に暖かくなったために咲くのも散るのも早く、遠い昔のように感じています。
とはいえ、まだまだ寒暖差のある日が続くので、風邪など引かないように気をつけてくださいね。

さて、前回「グレイテスト・ショーマンの心理」と題して、うまくいきそうになったり、うまくいった途端に失敗してしまう心理についてお話しました。

今回は、まだまだ大ヒット中のこの映画のある1曲に描かれている心理についてお話しようと思います。

それは、主人公である興行師のP.T.バーナムと一緒に全米ツアーをすることになるオペラ歌手、ジェニー・リンドが歌う 「NEVER ENOUGH」 という曲です。

とってもメロディの美しい曲なので、ぜひ見てみてくださいね!

さて、この曲、ただの綺麗な曲ではないわけで。

注目したいのが歌詞なんですね。
色々歌い募っているのですが、簡単に要約すると

「あなたが足りないの!!決して満たされないの!!」

と言っているんです。

歌の最後の方なんて

「絶対!絶対!絶対満たされないの!絶対満たされないの!
 
私は絶対満たされないの!」

と繰り返しています。

怖いくらいの情熱ですね。

でも、恋愛でこんな風な気持ちになってしまう人って結構いるんです。
あなたの周りにも、恋愛になると人が変わったようになってしまう人っていませんか?

今日は、なぜそこまで狂おしいくらいに「足りないの!」と思ってしまうのか、お話ししますね。

さて、この「NEVER ENOUGH」の歌詞のように

「あなたが足りない、満たされない!」

という気持ちを抱えている人は、パートナーや友人などの身近な人との心の距離が近くなれば近くなるほど、こんな傾向が強く出るようになります。

・見捨てられ不安を感じやすい
・対人関係が不安定になりやすい
・相手の愛情が信じられず、試し行為(立て続けにメール、電話する、自傷行為など)をする
・他者の評価に敏感で、傷つきやすい
・自分は無価値で消えてしまいたいと思う
・思うように愛情をくれないと思うと、好きだった人を急に切り捨てたり憎しみの対象に変わる

この背景には、心の奥底に強烈な愛情飢餓があるということが挙げられます。

そう、心が渇ききってしまうくらい愛情に飢えているのです。

なぜそんなにも愛情に飢えてしまうのか?というと、幼少期にこんな経験をしていることが影響しているんです。

・愛情を求めても、望む形でもらえなかった
・愛情を求めること自体を禁じられていた
・「これができたらよし」など、条件付きの愛情しかもらえなかった
・ありのままの自分を受け入れてもらえなかった

・両親が不仲で、お互いの悪口を自分に言っていた

子供が親の愛情を求めることは当たり前のことです。

そして、子供は親から

「いつも見守っているよ」
「どんなあなたでもいいんだよ」

という愛情を受けることで

「私はここにいていいんだ」
 「私は生きていていいんだ」

と安心することができるんですね。

でも、そういった愛情を受け取れなかった子供の中には安心感が育たず、大人になっても不安で不安で仕方がないんです。

そして、その不安感を埋めるために子供の頃にもらえなかった愛情を目の前の人から貰おうとするために、相手を揺さぶったり、「こんな私でも離れていかない?」と試し続けるのです。

そして、そうは言いながらも、実は愛情が信じられないんです。

ほしいほしいと思っているのに、十分に与えてもらったことが無いので、その愛情がわからず、信じられない。

その状態でいくら相手に注いでもらっても、自分は愛されるに値しないと思っているので、「愛されている」と感じられないんですね。
だからいつまでも満たされず、飢えて渇いた状態を感じ続けてしまうんです。

たとえ一時的に肌のぬくもりなどで愛情らしきものを感じてホッとしても「それがずっと続く」と信じられないんです。

じゃあどうすればいいの?

私は一生満たされないの?

いいえ!そうではありません!

外に「愛してもらう」ことを求めるのではなく、自分が自分自身を丸ごと受け止めて、大切にし、愛することが大切なのです。

「今まで寂しかったね」
「一人ぼっちだったね」
「よく頑張ってきたね」
「私は私の味方だよ」
「私が私を受け止めて、愛するよ」

と、自分の中にいる、愛情を求めて泣き叫んでいる小さな自分に何度も何度も教えてあげてほしいんです。
そうすることで、あなたの心の中の渇きがだんだん潤っていきます。

外に求めるのではなく、自分の内側を自分で満たす、を意識してみてくださいね。

自分一人ではどうしたらいいかわからない、という方には心理セラピーがお役に立てるかもしれません。

ぜひ会いに来てくださいね!

 

4月の心理セラピー実施予定をご案内しています
対面セッション(25,000円)
対面カウンセリング(5,000円)
スカイプカウンセリング(5,000円)

 


ご案内は、こちら

3+
3+
最後までお読みいただきありがとうございました!
「このブログの内容が役に立った!」と思ったらSNSでシェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA