人間関係のお悩み働く女性のお悩み心理

あの人と自分を繋ぐもの・・・共依存という名の電源プラグ

こんにちは。神奈川の心理セラピストのヤコーヒロコです。
リトリーブサイコセラピー®という心理セラピーで心のお悩み解決・自分の人生を歩くお手伝いをしています。

先日、鈴木祐介 (@7_color_world) さんという方がTwitterでこんな映像をシェアされていました。

これを見て、あなたはどんなことを感じますか?

この映像が意味するものは・・・「毒親じゃん」はい、そうですね。

この映像を見た方から、こんなリアクションをいただきました。

「毒親じゃん」

その通りだと思います。
いわゆる「毒親」のいる家庭で育った方は多かれ少なかれ、こんな経験をしている方が多いのではないでしょうか。

この映像に象徴されているのは、毒親のように一方的に感情をぶつけてくる人と、ぶつけられる人の関係性=共依存なんですね。
今日は、この映像のような関係性の人たちの間に何が起こっているのかお話ししたいと思います。

 

■あなたの周りに、一方的に愚痴や怒りをぶつけてくる人はいませんか?

あなたの周りに、こんな人はいませんか?

・一方的に怒りをぶつけてくる
・会えば愚痴や人の悪口ばかり言ってくる
・機嫌が悪いと嫌味を言ってくる

あー、いるいる!と思う方も多いかもしれません。

そして、そんな人と接するとき、こんな風に接したりしていませんか?

・ぐっと我慢して叱責を受ける
・また始まった・・・と思ってもつい、愚痴や悪口を聞き続けてしまう。
・嫌な態度を取られて、あー、いやだな・・・と一瞬思っても「自分が悪いんだ」と自分を責めてしまう。

一方的に怒られたり、責められたり、愚痴を聞かされたりするのは誰だって嫌なものです。

でも「NO」と言うことができない。

これがも大きな問題なのです。

 

■なぜ、NOと言えないのか?

この映像を見て、感情をぶつけられる方は一方的に奪われるだけだ、という印象を持つ人は多いと思います。
でも、拒絶できない。
この状況を受け入れてしまう。

その背景には、実はものすごいメリットがあるんですね。

は?メリット?そんなもの1ミリもありませんが?と思う気持ちももっともです。

でも、そのメリットとは、

相手が必要な時に「プラグを繋ぎに来てもらえる」ということ

つまり、相手が自分を必要としている、と心のどこかで認識しているんですね。
そして、プラグを繋がれるということが、どんな不快な思いを抱くやり方であっても人とのつながりを感じられる

つまり、一人じゃないと感じられると錯覚している人って実はとっても多いんです。

自分で認識していなくても、心の奥底でこう思っていたら、たとえ「嫌だな・・・」と思っていても、気が付くと自分に対して感情をぶつけてくる相手に自ら繋がりに行ってしまう、なんてことまで起こるんです。

その心の奥底には
「NOと言ってしまったら、嫌われてしまう」
「嫌われてしまったら、孤独になってしまう」
という思いが渦巻いている可能性が高いんです。

それだけ、孤独が怖いということなんです。

そして、相手の感情を受け止め続けていれば、相手は離れていかないと思っていたら、このスタンスを止めることができないですね。

人とこのようなかかわり方を続けていると、あなたの共感力、優しさは吸い上げられ、だんだん心が疲弊し枯渇していきます。
さらに、「あ、この人には感情をぶつけていいんだ!」という人がどんどん集まってくるようになります。

たこ足状態・・・怖いですねー。

何よりこのスタンスでいると、自分を殺し続けることになり本当に欲している人との温かいつながりがずーっと得られないんです。

■この繋がりから抜け出すには

こういった、自分を殺して相手の感情のお世話をしてしまう人は、共依存関係になりやすいんですね。

「お前が悪い」と言われれば「そうです、私が悪いんです」と従い、
「○○さんて酷いでしょ!?」と言われれば「うんうん、酷い!」と同調する。

このパターンを持っている人は、そうやって、親の感情のお世話をしてきた人に多く見られます。
人間関係の基本が人の感情のお世話をすることになってしまっている。

親の感情のお世話をすることで、生きる場所を得ることができたんです。
苦しい生き方ですよね。

でも、子供の頃はそうやらないと生きていけなかったかもしれませんが、大人になったら人間関係は自分で選ぶことができるんです。

まず、あなたに感情をぶつけてくる人に「私はそれはを受け入れません」という意思を表示することが大切です。
相手を喧嘩をする必要はありませんが

・私はその言い方をさえれると傷つく
・そういった話を聞くのは好きではない
・それはあなたの意見であって、私の意見とは違う

という心持ちで相手と心理的な境界線を引くことが大切なんです。

でも、「嫌われるのが怖い」「孤独が怖い」という恐怖ってなかなか手放せないんですね。
そんな時は、心理セラピーやカウンセリングをご利用いただけると、自分の心の中で何が起きているのか、何を解決したらいいのか、ということが明確になり、人間関係が楽になっていきますよ。

 

<心理セラピー・カウンセリングの予定をご案内しています>

対面セッション(15,000円→毎月先着2名様 12,000円)
対面カウンセリング(5,000円→毎月先着2名様 3,500円)
スカイプカウンセリング(5,000円→毎月先着2名様 3,000円)

ご案内は、こちら

1+

1+
最後までお読みいただきありがとうございました!
「このブログの内容が役に立った!」と思ったらSNSでシェアしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA